痛いと感じる大人ニキビ(跡)には注意が必要です

痛いと感じる大人ニキビが出来てしまった方はいらっしゃいますか。
大人ニキビは思春期ニキビと異なって、睡眠不足、偏った食生活、ストレスや敏感肌などからできることが多いです。
お肌のターンオーバーは約28日と言われていますが、年齢を重ねていくと新陳代謝が悪くなり、正常に機能しなくなることが多いです。そのため古い角質がはがれなくなり、毛穴を塞いでニキビの原因となってしまいます。

一口に大人ニキビと言っても様々なものがありますが痛いと感じるニキビは、毛穴が炎症を起こしている状態なので、放っておくと症状が悪化したり、最悪の場合ニキビ跡が将来に渡って残ってしまう場合があります。

ですからまず注意したいのは、「できるだけ触らないようにする」ということです。
炎症を起こしている状態なので潰して痛みを消したくなりますが、無理に潰すとニキビ跡に残る場合があります。
そして触ってしまうことによって、菌が更に広がったり中に入ったりしてしまいますので、むやみに触るのはやめましょう。
またメイクにも注意しなければなりません。
ニキビを隠そうと、肌の上からさらにファンデーションを塗ってはいけません。
ニキビは毛穴が詰まっている状態なので、更に上からメイクをしてしまうとメイクで毛穴を塞いでしまうことになります。

大人ニキビが出来てしまったら「できるだけ触らない」「刺激の少ない洗顔料で洗う」「しっかりと保湿」するなどの適切な対処が必要です。

ニキビ跡治療

大人ニキビやニキビ跡をアロマで予防・改善する

“大人ニキビはストレスやホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、間違ったスキンケアや肌に合わない化粧品の仕様など、原因は様々です。
思い当たることがあればそれを見直すことが大切ですが、アロマテラピーでの大人ニキビやニキビ跡の予防、改善も効果があると注目されています。
アロマテラピーは植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を吸引したり、希釈してマッサージしたりして、健康維持やストレスケアなどをする自然療法です。
大人ニキビやニキビ跡は皮膚科に受診すると、抗生物質やステロイドを処方されることがあります。
これらは治療に有効な成分ですが、副作用等の心配や薬物治療に抵抗のある方はアロマテラピーによる治療を試みることもおすすめです。
大人ニキビやニキビ跡の治し方としてアロマテラピーを利用する場合、抗炎症作用や抗菌効果、肌のエイジング効果、保湿効果のあるエッセンシャルオイルを使うことが大切です。
大人ニキビ肌そのものをケアするには、消炎、殺菌効果のあるラベンダーやティートリーが良いとされています。
これらの精油を使い蒸気浴をしたり、希釈してマッサージすることで徐々に肌の調子がよくなります。
ローズマリーにも殺菌作用があり、大人ニキビの炎症を抑える効果が期待出来ます。
ローズマリーは若返りのハーブとも呼ばれ、保湿効果や肌のエイジング効果に優れたエッセンシャルオイルです。
またラベンダーには沈静効果のある成分が含まれていて、心を落ち着かせることで、ストレスの緩和になります。

大人ニキビがニキビ跡までなってしまった時の対処法

“大人ニキビが出来た時には、手早く潰して薬を塗っておくという方法を取る方もいらっしゃいますね。
しかし、無理に潰してしまうと却って悪化する場合もあります。
又、メラニン色素の作用により、赤みや黒ずみのニキビ跡として肌に残ってしまうこともあります。

大人ニキビにも白・黒など色があり、悪化が進むと最終的に赤くポツンと膨らんでしまうニキビ跡のような赤ニキビになってしまいます。
触ると化膿しているので痛みや痒みを感じます。
でも、痒いからといって指で直接ふれてしまうと雑菌でさらに悪化し、その挙句、凸凹の跡が残ってしまって”"泣きっ面に蜂”"なんてことになります。

赤ニキビは、脂っこい食事の摂取過剰や紫外線などの刺激、更にホルモンバランスの乱れによって、お肌のターンオーバーが乱れてしまうことも原因の一つです。
大人ニキビは、出来たときの対処法が肝心なので対策として、洗顔の際は、低刺激性のものか専用洗顔料をつかうようにしましょう。
同時に紫外線対策も十分に行いできれば、メイクは控えたほうがよいでしょう。

又、毎日のスキンケアではビタミンC配合の化粧品を使うことをオススメします。
食生活ではほうれん草やピーマンなどの緑黄色野菜の他、さつま芋など繊維質を含んだの野菜や果物などを出来るだけ摂取するようにしましょう。
ビタミンCは水溶性で、メラニン色素の抑制やコラーゲンの形成など体内代謝にサポートし色素沈着の改善が期待できます。

因みに、大人ニキビが赤ニキビまでなってしまった場合、まずは皮膚科で相談してみましょう。
赤ニキビはとにかく炎症を抑えることが大切です。

大人ニキビ跡ができたら大変

“大人になってからできるニキビを大人ニキビと呼んでいます。思春期ニキビもそうですが、長引いてしまうと大変です。跡が残ってしまう可能性が高くなってしまうからです。実は、大人ニキビそのものよりも、跡のほうがとても治すことが難しいと言っても過言かもしれません。

どのような感じになってしまうのかというと、赤くなってしまったり、でこぼこしたりします。早く治してしまえば、肌が赤くなったり、でこぼこしないで済む可能性が高いのです。

赤くなった場合とでこぼことでは、どちらのほうが治しやすいのかというと赤くなった場合です。色素沈着している状態です。美白化粧品などを使って治しましょう。それだけでも、かなり赤みが薄くなっていくはずです。うまくいけば綺麗になるかもしれません。大人ニキビができていた期間よりもずっと長い時間がかかる可能性も十分に考えられます。というのも、大人ニキビが原因で皮膚が薄くなってしまい、血管が浮き出て見えてしまっているからです。自己流ケアだけでは完全には治らない可能性が高いです。

どうすればいいのかというと、美容クリニックを受診することです。通常の皮膚科の場合は治らないと言われる可能性が十分にあります。しかし、美容クリニックであれば、専用の機械を使いますから、赤くなった場合もでこぼこした場合とどちらであっても治すことができるでしょう。いろいろな治療法があるので、医師とよく相談して決めましょう。”

顎などにできる大人ニキビ・ニキビ跡改善法

女性の大人ニキビは、顎やフェイスラインにそったUゾーンにできることが多いニキビです。皮膚の深い所で炎症を起こしていることが多く、ポコッと盛り上がり、皮膚のおうとつが目立つので、女性の大きな悩みの一つです。メイクをしてもでこぼこが隠せない為、根本から治すのが急務となってきます。顎やフェイスライン、首にできる大人ニキビは皮膚の深い所出発生していることもあり、治りにくく、ニキビ跡が残りやすいのが重症ニキビと呼ばれる由縁です。この顎やフェイスライン、首回りにできてしまう原因はいくつか考えられます。ニキビができる位置からもわかるように、大人ニキビは、男性の髭が生える位置にできます。これは、本来女性であれば女性ホルモンが優位であることから、女性らしさや肌のうるおいなどが生まれています。このホルモンバランスが男性ホルモン優位に偏ることから、髭が生える位置の皮脂分泌が増える事から毛穴詰まりなどが置き、ニキビができてしまいます。大人ニキビ改善には、このホルモンバランスを整える事が大切です。ホルモンバランスを整える為に必要なことは、まずは睡眠です。肌のゴールデンタイムにしっかりと睡眠を取ることで、睡眠不足からのホルモンバランスの崩れを防ぐことができます。次に、食事による改善法です。ビタミン豊富な野菜や果物、肉や魚をバランス良くたべましょう。また、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが豊富な納豆や豆乳などの大豆製品を意識して食事に取り入れることも大切です。このような生活スタイルや食生活を変えるだけでも新たなニキビを出来にくくしてくれます。

大人ニキビ(ニキビ跡)に対する洗顔方法と化粧水の使い方

“大人ニキビは、若い頃に出来た子供ニキビと違ってなかなか治りにくい。だからといって無暗にゴシゴシと洗顔したり、バシャバシャと化粧水をつけたくるということになっていませんか。確かに洗顔をすることも化粧水をつけることは大事ですが、ただ何も考えずにやるのではなく、何故するのか、どうすれば効果的なのかを理解しましょう。
何故大人ニキビができるのか。大人ニキビは成長ホルモンの分泌により出来る子供のキビと違い、はストレス、過労、不規則な生活などが要因となって、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れが引き起こします。その他に、肌の防御機能が低下して過剰な皮脂分泌を引き起こてニキビになってしまうなどがあります。
大人ニキビ(ニキビ跡)を改善するために上手な洗顔方法と化粧水の使い方を理解して実践しましょう。
まずは洗顔から。ゴシゴシと力を込めて洗顔をすると乾燥しやすくなります、それを潤そうと皮脂が分泌されやすくなります。皮脂は肌に対して大事なのものですが、過剰に分泌されてしまえばニキビ(ニキビ跡)の原因へなってしまいます。それを防ぐためにやさしく洗顔をしましょう。
次に化粧水の付け方。バシャバシャと多量につけていたり、コットンでゴシゴシと付けている人がいたら即やめましょう。多量につけるのは確かに潤って良さそうですが、先ほどの皮脂と一緒で必要以上に付ければニキビの原因となります。次にコットンは良さそうですが、長期的に使っていればとコットンによって肌が傷ついてニキビの原因となります。清潔な手でなじませるように付けましょう。
大人ニキビは1日2日で治るものではないですが、逆に継続して続けていけば今後できることもなくなるでしょう。”

大人ニキビ・ニキビ跡に、スキンケアの基本は洗顔

“昨今の女性の社会進出は目覚しく、その為日常生活も多忙になりストレスが溜まりやすくなっているといわれます。
ストレスや疲労が溜まることで肌のターンオーバーも乱れてしまいます。
その上、毎日のメイクアップで肌の毛穴が詰まりやすくなって大人ニキビが出来やすくなります。

もちろん、スッピンがいいのでしょうが、それではおしゃれを楽しめませんし、紫外線や外部の刺激から肌を保護してやることも大切です。
健やかな肌を維持するためには、スキンケアも必要なことです。

大人ニキビ・ニキビ跡の予防だけでなくスキンケアの基本は、洗顔からです。
洗顔料も固形石鹸や洗顔フォーム、ジェルタイプ等の様々なものがありますが、一般的には刺激が少ないと思われる洗顔フォームのタイプが多いです。
特に、泡立ちの良い石鹸やピーリングタイプの石鹸が人気になっています。

只、大人ニキビ・ニキビ跡では、間違った洗顔の方法をとると、皮脂を取り過ぎてしまい肌のバリア機能が低下してしまうことになります。
基本は低刺激性の洗顔料をしっかり泡立て優しく、クルクルとマッサージしながら洗います。
洗い流した後は、タオルで上から優しく押さえるように水分をふき取ります。

基本的に、脂肌の人は、Tゾーンを中心に、さっぱりタイプのものを、乾燥肌の人は、しっとりタイプの洗顔料を選ぶとよいでしょう。
大人ニキビになっている場合、スクラブ系の洗顔でしっかり落としたいという人もいますが、却って肌を傷つけてしまいますので、オススメできません。

因みに、殺菌や角質を柔らかくする作用がある硫黄やサリチル酸を配合した洗顔料はお奨めです。
その上で、化粧水や乳液は自分に合ったものを見つけることが大切です。

大人ニキビとニキビ跡の治療のため皮膚科に行きました

“私は数年前、顎の下辺りに大人ニキビができました。
ニキビは赤くなり、ニキビの大きさもかなり大きめでした。

顎の下ですので、顔を正面に向けていますと 他の人からは見えない場所なのですが、ニキビの数がどんどん増えてしまいました。

最初は 化粧品をニキビ用に変えてみたり、または市販のニキビ治療の塗り薬を使用したりしましたが、一向に回復しませんでした。

これ以上 大人ニキビの数が増えては大変だと思い、皮膚科へ行く事にしました。

皮膚科で診察をしていただきますと、私の症状は 他の皮膚の病気ではなく やはり「大人ニキビ」でした。

ただ、先生にも「かなり数が多いですね」と言われてしまい、私はこのニキビが治るのか心配になりました。

皮膚科では液体状の塗り薬と漢方薬を処方されました。

その塗り薬は、塗りましても特にヒリヒリするような刺激もなく 良かったです。

漢方薬は、最初のうちは大丈夫だったのですが 何日間か飲んでいるうちに 私には合わなかったようで、少しお腹の調子を崩してしまいました。

次の診察の時に先生に言いますと、「その漢方薬は お腹に副作用がくる人もいます。では、漢方薬はやめて 塗り薬だけにしましょう」と言われました。

その塗り薬を1日に数回 顎下に塗るのですが、少しずつですが赤みが薄れていったのです。

ニキビ跡の箇所を触りますと それまでは少し膨らんでいたのですが、その膨らみも 徐々に平坦になっていきました。

そして数ヵ月後、ニキビ跡がようやく治癒しました。

ニキビにも様々な種類があるでしょうし 私自身の肌質や年齢にもよるかと思いますので、症状がひどい場合は 皮膚科で診察していただくのが一番だなと思いましたl。”

大人ニキビ・ニキビ跡に対応した薬について

“大人ニキビに対応した薬は皮膚科で処方を受けることができ、市販の薬よりは高度な治療が可能となります。しかし、自分で大人ニキビやニキビ跡に対応した洗顔剤や保湿ジェルを購入したり、フェイシャルエステに通ったりする方法を選ぶ方も多いようですが、その原因をきちんと把握していないと、一度よくなっても、再発を繰り返すことになります。

その原因の第一は、毛穴に皮脂が詰まることで起こります。このことは一般的に知られていますので、誰もが皮脂を落とそうとします。

その方法として、洗顔ソープなどで頻繁に顔を洗ったり、脂取り紙を持ち歩いたりしている方が多いようです。

ところがこのスキンケアは、ニキビの改善にはつながりにくいことが分かっています。なぜなら、誰もが落とそうとする皮脂は、肌に必要なものだからです。

確かに皮脂がでると大人ニキビはできやすくなりますが、目を向けるべきことは、なぜ皮脂がでているのかということです。

皮脂には本来、健やかな肌を保つための、とても大切な働きがあります。一つは、肌の表面でフタのような役割をして水分の蒸発を防ぐこと。二つ目は、外界からの刺激から肌を守るという働きです。

ですから、むやみに皮脂を取り除いてしまうと、肌が無防備になって肌は乾燥し、外的刺激に弱い敏感な状態なり、ニキビが逆にできやすい環境を作ることになり逆効果です。

このことは、ニキビやニキビ跡のことを認識しているフェイシャルエステの専門家や皮膚科医師は、きちんと認識しているようです。

大人ニキビを治すためには、専門家のフォローを受けることがいいようです。

大人ニキビやニキビ跡の原因と改善方法

“ ホルモンバランスの崩れや偏った食生活による栄養不良などが原因で過剰に分泌された皮脂が、毛穴周辺の細菌と反応する事によって炎症を起こしてできるのがニキビです。大人ニキビと呼ばれている20代を過ぎてからできるニキビは、成長期にできるものとは理由が異なっています。改善するためには、なぜ大人ニキビが出来たのかの原因を特定する必要があります。大人ニキビができる竜は男女で異なるケースがあります。ストレスなどが原因で女性ホルモンの分泌量が不安定になり、ホルモンバランスが崩れてしまう事が原因となる女性の大人ニキビの場合は、ホルモンの分泌量を安定させてバランスを整える治療が必要となります。男性の場合は、男性ホルモンが変換されたジヒデロテストステロンという物質が皮脂の過剰分泌の原因です。ジヒデロテストステロンの発生を防止するような治療が必要となります。食生活からくる大人ニキビやニキビ跡を改善するためには、不足している栄養素を補給する必要があります。皮膚の健康状態を維持するために必要なビタミンB群や老化を防ぎ免疫力を高めるビタミンEを豊富に含んだ食品を意識的に摂取するのが予防と改善に有効となっています。これらの栄養素を食品として摂取するのではなく、皮膚から吸収させる外用薬も販売されています。自分に効果がある方法を見つけて実践する事が出来ます。放置しておくと症状が悪化して跡が残ってしまう場合もあるので、早期発見と早期治療が必要といえます。